2018年11月13日

公演前一ヶ月。

年末まであっという間。加藤です。久々過ぎてブログの書き方を忘れております。

天幕旅団両渡辺の客演も終了いたしまして。
12月は天幕旅団冬の公演が控えております。
今回はフランケンシュタインをモチーフにしたファンタジー。
しばらく渡辺の新作本歌取りファンタジーがなかったのと、夏は四人全員の出演する演目がなかった分の久々感。
お客様も本人たちもどきどきできるという。
はじめてご覧になる方には
「よくかわかんないけどこういう感じでこの人たちはやってるんだねー」
とわかってもらいやすいような作りになる予定です。
場所は高円寺明石スタジオにて。
天幕旅団はじめましての劇場さんです。

「ヴィクター・フランケンシュタイン、弔いの焔のなんと早く」
皆様のご来場を心よりお待ちしております。



◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

天幕旅団 2018年冬興行
第三回空間演劇祭参加作品
「ヴィクター・フランケンシュタイン、弔いの焔のなんと早く」
2018.12.12(水)〜16(日)
高円寺明石スタジオにて
◼️日程
12/12(水)19:00
12/13(木)19:00
12/14(金)15:00/19:00
12/15(土)15:00/19:00
12/16(日)15:00

◼️チケット
前売 3500円
当日 3700円
高校生以下:1500円(要学生証)

◼️天幕旅団サイト
a href="https://tenmaku-ryodan.jimdo.com/">ここから




◆◆◆加藤宛ご予約URL◆◆◆

a href="https://www.quartet-online.net/ticket/tenmaku-frankenstein?m=0iidbga">ここから


  • 20181113063156826.jpg
  • 20181113063204133.jpg
posted by 天幕旅団 at 06:32| Comment(0) | akiko | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月10日

公演のご案内

年末から7月って早いですね。加藤です。ブログ記事の行間にあったことを反芻。


ブログの存在忘れがちを強調するかのように、7月公演のご案内でございます。
もう気が付けば直前になっておりますが。
7月18日から22日まで。

通い慣れた新宿を離れ、
今回は外苑前駅が最寄りでございます。
銀座線て実家を出てからほぼ使わない路線。
迷わないか今から不安ですが、
駅近の一軒家スタジオなので大丈夫なのです。
皆様もご安心してお越しいただけたら幸いです。

公演内容は短編二編を日替わり上演。
二編のうち一編はダブルキャスト。
三パターンの短い作品が順番に上演となります。
わたくしは一人芝居に出演です。
いつも共演者に助けてもらってるんだなあと感慨もひとしお。


ご来場心よりお待ちしております。


加藤宛ご予約は→ここから

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

天幕旅団 2018年夏の短編集
「Minimal Magic Orchestra」
作・演出 渡辺望

【日程】2018年7月18日(水)〜22(日) 

【場所】外苑前スタジオ
東京メトロ銀座線 外苑前駅 徒歩2分
東京都港区北青山2-9-17
SUMUZO STUDIO GAIEMMAE

【料金】前売り・当日とも2300円

『凍てつく森のカノン』
<出演>
加藤晃子

『鏡の奥のジムノペディ』
<出演>
渡辺望
佐々木豊/渡辺実希
(ダブルキャスト)

【タイムテーブル】
7/18 17:00 ○ 19:30 ●
7/19 14:30 ○ 17:00 ● 19:30 ◇
7/20 14:30 ● 17:00 ◇ 19:30 ○
7/21 12:00 ● 14:30 ◇ 17:00 ○
7/22 12:00 ◇ 14:30 ○ 17:00 ●
○・・・鏡 佐々木 ●・・・鏡 渡辺 ◇・・・凍てつく 加藤

  • 20180710065333472.jpg
  • 20180710065345933.jpg
  • 20180710065356675.jpg
posted by 天幕旅団 at 07:03| Comment(0) | akiko | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月31日

年末の御礼。

年末ですね。加藤です。はじめてリアルタイムで「笑ってはいけない」を見る年末。

天幕旅団休み期間を経て、
おかげさまで今年は二回、天幕での公演ができました。
夏はほぼ一ヶ月を雑遊で過ごし、
冬は一時閉館前の梟門で過ごし。
雑遊の今年最後の公演もありがたいことに拝見することができました。
あの瞬間にあの場所にいられたことを光栄に思います。
少々センチメンタルが過ぎましたが。

みなさまへ。
今年は(今年も)大変お世話になりました。
来年もどうぞよろしくお願いいたします。

山ちゃんのドレス姿を見ながら愛を込めて。
posted by 天幕旅団 at 20:59| Comment(0) | akiko | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする